本日部会「積極的な勧奨差控え」は継続と結論。

副反応発生については、今年2013年4月1日〜7月31日までの分が発表されました。
#発生率が、数倍になっています。報道されることで、副反応の訴えが増えたからだろうとの見立てです。

次の部会は、12月。
この時に、6月の部会で懸案となっている、
①広範な疼痛に関する症例の収集、②海外の症例の収集、③二剤の(副反応発生)比較。
について報告するとのことです。
2013年10月28日月曜日 平成25年度第4回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 2013(平成25)年10月28日(月)   17:00~19:00
桃井真理子座長
・本日のデータを見た上で、現時点での、接種に関するご意見をいただきたい。
・国民に十分な情報提供が出来るまでの間、積極的な勧奨は差し控えるとの前回 の決定に変更はないということでよろしいか
2013年10月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

10/28ワクチン部会報道URL

早めにご覧下さい。でないと、記事は削除されます。

子宮頸がんワクチン 副作用か NHKニュース
 http://nhk.jp/N4AB6YZA

接種後の異常訴え、291件報告 子宮頸がんワクチン - 朝日新聞デジタル
(http://www.asahi.com) http://t.asahi.com/czmh

子宮頸がんワクチン:重篤な副作用報告143件 (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20131029k0000m040112000c.html

子宮頸がんワクチン、143件の重い副作用報告 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131028-OYT1T01426.htm?from=tw

定期接種後に129件 子宮頸がんワクチン副作用 (中国新聞・配信記事か?)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201310290057.html

子宮頸がんワクチン、副反応の3割超が重篤-検討部会、接種勧奨中止を継続(医療介護CBニュース) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000004-cbn-soci

子宮頸がんワクチン副作用、291件 4~7月:日本経済新聞
http://s.nikkei.com/1iolU6r

時事ドットコム:重い副作用143件=子宮頸がんワクチン-4~7月報告分・厚労省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013102800885&g=soc


子宮頸がんワクチン「健康被害、徹底調査を」 熊本日日新聞
http://kumanichi.com/news/local/main/20131003001.shtml

子宮頸がんワクチン 被害救済へ母親ら連絡会 鹿児島県内  | 鹿児島のニュース | 373news.com
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=52328
「ジャヌビア」は不振でも、ガーダシルは15%増です。
米メルク:通期利益予想のレンジを縮小、「ジャヌビア」不振 - Bloomberg 
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MVDP5T6VDKI101.html
2013年10月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

子宮頚部がんワクチン被害者連絡用フォーム(2)

子宮頸がんワクチン被害者連絡用フォーム(改訂版)を試験的に運用しております。

こちらにあります。

うまくいかない場合、以下の事項をお書きいただいて、toshi2133@samba.ocn.ne.jp に送ってください。メールアドレスに2箇所を入れれば同時に送れます。
迷惑メール防止のため、上のメールアドレスは全角文字にしてあります。お手数でも、半角の英数文字でアドレスの入力をお願い致します。

本名を書きたくない方はニックネームでも構いません。ただ、統計をとるため、生年月日、都道府県名は正しく記入をお願いいたします。よろしくお願い申し上げます。

現在、池田利恵はじめ2,3名のボランティアで対応しております。170名の登録があり、電話、メールでの問い合わせは700件を越えております。人手不足で対応が追いつかないことをご理解ください。

今後の被害の認定、補償のためには実名で行動する必要があります。そのため、実名で報告していただき、実在の確認できる方のシートのみ受け入れる方針です。

(メー ルをひらいて、下の項目をコピー・ペイントしてもっていけます) —————————————————————————————————————–

被接種者氏名:

被接種者の生年月日:

保護者氏名:

郵便番号:

住所:

電話番号:

Fax番号:

連絡用のメールアドレス:

サーバリックかガーダシルか:

接種回数: 接種年月日:

(よろしければ)接種した医療機関:

注射直後にあった激しい症状:症状の前に # とか $ をつけて目立つようにしてください。症状が激しい、重症な場合は2〜3個とつけてください。選択肢にない症状を追加してください。

注 射部位の著しい腫れ、疼痛、発熱、関節痛、筋肉痛、痙攣、麻痺、歩けない、力が入らない、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、ギラン・バレー症候群、視 覚障害(見えにくい・二つに見える)、失明、眼振(目が細かく震える)、羞明(まぶしがる)、意識レベルの低下、味覚・嗅覚障害(味、臭いがヘン)、記憶 障害、計算障害、癲癇(てんかん)、失神、転びやすい、運動障害、歩行困難、書字障害、じんま疹、皮疹、紅斑、リンパ節の腫れ、食物アレルギー、 アナフィラキシーショック、呼吸困難、気管支喘息、甲状腺炎(腫れ、痛み)、橋本病(慢性甲状腺炎)、甲状腺機能低下症、腹痛、嘔吐、消化管出血、低血圧、異常に疲れやす い、その他

現在も続いている症状の前に # とか $ をつけて目立つようにしてください。

症状が激しい、重症な場合は2〜3個とつけてください。選択肢にない症状を追加してください。

発熱、激しい痛み、関節痛、筋肉痛、けいれん、不随意運動、舞踏病、ジストニア、麻痺、歩けない、力が入らない、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、ギラン・バレー症候群、視覚障害(見えにくい、二 つに見える)、失明、眼振(目が細かく震える)、羞明(まぶしがる)、意識レベルの低下、一瞬意識が飛ぶ、味覚・嗅覚障害(味、臭いがヘン)、 記憶障害、計算障害、学習障害(成績が下がった)、癲癇(てんかん)、失神、転びやすい、運動障害、歩行困難、歩行障害(ギクシャクした歩行)、書字障害(字が書けない、下手になった)、じんま疹、皮疹、紅斑、リンパ節の腫れ、食物アレルギー、アナフィラキシーショック、呼吸困難、喘息、甲状腺炎(腫れ、痛み)、橋本病(慢性甲状腺炎)、 甲状腺機能低下症、腹痛、嘔吐、消化管出血、低血圧、異常に疲れやすい、自己免疫疾患、全身性エリテマトーデス(SLE)、若年性リウマチ、慢性関節リウマチ、慢性糸球体腎炎、ループス腎炎、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、多発性硬化症(MS)、小脳失調症、横断性脊髄炎、排尿異常、その他

救急受診の有無:

入院の有無:

車椅子・杖の使用の有無:

月経の異常はございませんか?:

現在かかっている医療機関:

どのように診断されていますか?:

服薬中の薬など:

今までの経過、受けた検査などについてお書きください:

効果があったと思われる治療など:

無効だったと思われることなど:

どれくらい学校を休まれましたか?:

何でもお書きください:

——————————————————————————–

ご協力ありがとうございました。

2013年10月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

群馬県支部発足報道記事

2013年10月22日 当会の群馬県支部を発足させ、記者会見を行いました。東京新聞10月23日記事↓(早めにご覧下さい)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131023/CK2013102302000159.html

前橋市では、2名の被害者の存在が分かっています。

当会へのご連絡は、左側の下〜の方、ブログカテゴリー「連絡先」にあります。

2013年10月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

さぁ ワクチン分科会副反応検討部会!10/28→ブログ修正

この日程で、子宮頸がんワクチン接種の勧奨について検討する=勧奨の再開か!? すわ傍聴! と思いましたが、そうではなくて、これまでの症例の検討をするそうです。(2013.10.23追記)
------------------------------------
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000027018.html

平成25年度第4回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会
平成25年度第5回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会
(合同開催)の開催について

平成25年10月28日(月)
  一部 17:00~19:00
  二部 19:00~20:00
  厚生労働省専用第18,19,20会議室(17階)

議題
一部
(1)ヒブワクチン、小児用肺炎球菌、不活化ポリオ、混合不活化ポリオ、日本脳炎、子宮頸がん予防ワクチンの安全性について
(2)その他
二部
(1)抗インフルエンザ薬の安全性について(※薬食審の単独開催)


傍聴申込み用紙は、こちら↓ ※2013年10月24日(木)午後5時(必着)(多数の場合抽選)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/20131028.pdf
2013年10月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

2013年10月15日(火)18:00 神奈川 記者会見中継予定

子宮頸がんワクチン被害者連絡会 神奈川 記者会見が、インターネットで中継される模様です(予定は変更される場合があります)。

http://iwj.co.jp/
インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(略称:IWJ)

記者会見の動画です。記者の質問に答えているときのものです。

ぜひ、こちらもご覧ください。記者会見の冒頭の池田のプレゼンテーションです。被害者の動画が紹介されています。

2013年10月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

2013年10月15日(火)18:00 神奈川 記者会見中継予定

子宮頸がんワクチン被害者連絡会 神奈川 記者会見が、インターネットで中継される模様です(予定は変更される場合があります)。

http://iwj.co.jp/
インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(略称:IWJ)

記者会見の動画です。記者の質問に答えているときのものです。

ぜひ、こちらもご覧ください。記者会見の冒頭の池田のプレゼンテーションです。被害者の動画が紹介されています。

2013年10月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

11月2日子宮頸がんワクチン被害者勉強会@杉並

子宮頸がんワクチンの深刻な副作用(副反応)の問題が顕在化、国はこのワクチンの接種を今年4月、任意から定期接種に切り替えたばかりにもかかわらず、「積極的な接種勧奨を一旦中止」せざるを得ない状況になったことは、皆様ご存じのとおりです。
副作用に苦しむ被害者は、医療現場で適切な診断と治療をすぐに受けるという当たり前の権利を侵害されたまま放置されています。言うまでもなく被害者は、人生の中で希望にあふれ、生きる輝きを放つ思春期の女性です。この問題を放置してはなりません。ご案内の勉強会の主催者は、このワクチンを自分の子供に受けさせるか否か、判断をする年齢の子供(小学上級生)を持つ親たちです。ワクチンによる恩恵とそのリスクを勘案し、これまでも各種小児ワクチンの接種を判断してきました。
しかし、こと子宮頸がんワクチンについては、リスクの率が他のワクチンに比し大きいこともあり、副作用に大変不安を感じています。自分の子供のお友達、同級生のお姉ちゃんが副作用に苦しんでいるという極身近な問題で、決して他人事ではありません。この勉強会は、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の池田としえ事務局長を迎えて、問題の整理、実態報告をしていただきます。子供の同級生の親(被害者の保護者)からも話をお願いしています。

■日 時:2013年11月2日(土)13:30〜15:30
■場 所:産業商工会館 第一・二集会室
杉並区阿佐ヶ谷南3-2-19 (施設TEL 03-3393-1501)

JR中央線阿佐ヶ谷駅5分(この日は総武線に乗って下さい、休日は、阿佐ヶ谷駅には中央線は止まりません)、地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅3分。中杉通り、ラーメン「豚骨番長」を入る。

■費 用:実費にて資料代(500円程度)
■主催者:「子宮頸がんワクチンってどうなの?小学生の親 有志の会」
小山和久
<koyamakazアットマークbea.hi-ho.ne.jp> アットマークを@に変えて下さい。
■案内チラシ地図付 http://xfs.jp/T7c2b コピーペーストして下さい。新しい画面の真ん中辺りに、URLが赤く表示されます。

2013年10月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda

11月2日子宮頸がんワクチン被害者勉強会@杉並

子宮頸がんワクチンの深刻な副作用(副反応)の問題が顕在化、国はこのワクチンの接種を今年4月、任意から定期接種に切り替えたばかりにもかかわらず、「積極的な接種勧奨を一旦中止」せざるを得ない状況になったことは、皆様ご存じのとおりです。
副作用に苦しむ被害者は、医療現場で適切な診断と治療をすぐに受けるという当たり前の権利を侵害されたまま放置されています。言うまでもなく被害者は、人生の中で希望にあふれ、生きる輝きを放つ思春期の女性です。この問題を放置してはなりません。ご案内の勉強会の主催者は、このワクチンを自分の子供に受けさせるか否か、判断をする年齢の子供(小学上級生)を持つ親たちです。ワクチンによる恩恵とそのリスクを勘案し、これまでも各種小児ワクチンの接種を判断してきました。
しかし、こと子宮頸がんワクチンについては、リスクの率が他のワクチンに比し大きいこともあり、副作用に大変不安を感じています。自分の子供のお友達、同級生のお姉ちゃんが副作用に苦しんでいるという極身近な問題で、決して他人事ではありません。この勉強会は、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の池田としえ事務局長を迎えて、問題の整理、実態報告をしていただきます。子供の同級生の親(被害者の保護者)からも話をお願いしています。

■日 時:2013年11月2日(土)13:30〜15:30
■場 所:産業商工会館 第一・二集会室
杉並区阿佐ヶ谷南3-2-19 (施設TEL 03-3393-1501)

JR中央線阿佐ヶ谷駅5分(この日は総武線に乗って下さい、休日は、阿佐ヶ谷駅には中央線は止まりません)、地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅3分。中杉通り、ラーメン「豚骨番長」を入る。

■費 用:実費にて資料代(500円程度)
■主催者:「子宮頸がんワクチンってどうなの?小学生の親 有志の会」
小山和久
<koyamakazアットマークbea.hi-ho.ne.jp> アットマークを@に変えて下さい。
■案内チラシ地図付 http://xfs.jp/T7c2b コピーペーストして下さい。新しい画面の真ん中辺りに、URLが赤く表示されます。

2013年10月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ikeda